1. 人とゆく野にうぐひすの貌強き 飯島晴子【季語=鶯(春)】

    人とゆく野にうぐひすの貌強き)飯島晴子 前に書いた、飯島晴子にとっての「畏れ」の対象について考えてみたい。 晴子は「鶯というのもなぜか私の好みの題材」と言う。ところが、実際には鶯の句は案外少…

おすすめ記事

  1. 夕焼けに入っておいであたまから 妹尾凛
  2. 【冬の季語】干蒲団(干布団)
  3. 【冬の季語】綿虫
  4. 暮るるほど湖みえてくる白露かな 根岸善雄【季語=白露(秋)】
  5. 【#42】愛媛新聞の連載エッセイ「四季録」で学んだ実感

Pickup記事

  1. 【冬の季語】凩(木枯)
  2. 梅ほつほつ人ごゑ遠きところより 深川正一郎【季語=梅 (春)】
  3. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第6回】熊野古道と飯島晴子
  4. 【春の季語】涅槃図
  5. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第35回】英彦山と杉田久女
PAGE TOP