追う

  1. 秋山に箸光らして人を追ふ 飯島晴子【季語=秋山(秋)】

    秋山に箸光らして人を追ふ)飯島晴子 以前紹介した「親の箸」の句もそうだが、晴子の句からは、箸が人間と自然のちょうど間にあるような印象を受ける。もわもわと量感豊かな紅葉の中で、細くくっきりと箸のうごき…

  2. ここは敢て追はざる野菊皓かりき 飯島晴子【季語=野菊(秋)】

    ここは敢て追はざる野菊皓かりき)飯島晴子 「追はざる」が野…

  3. 高梁折れて頬を打つあり鶉追ふ      三溝沙美【季語=鶉(秋)】

    高梁折れて頬を打つあり鶉追ふ三溝沙美(さみぞ・さみ))日本…

  4. 汽車逃げてゆくごとし野分追ふごとし 目迫秩父【季語=野分(秋)】

    汽車逃げてゆくごとし野分追ふごとし目迫めさく秩父(『雪無限』琅玕洞)…

  5. 追ふ蝶と追はれる蝶の入れ替はる 岡田由季【季語=蝶(春)】

    追ふ蝶と追はれる蝶の入れ替はる岡田由季蝶が舞う姿を見た経験…

おすすめ記事

  1. 神保町に銀漢亭があったころ【第123回】大住光汪
  2. 嚙み合はぬ鞄のチャック鳥曇 山田牧【季語=鳥曇(春)】
  3. 境内のぬかるみ神の発ちしあと 八染藍子【季語=神の旅(冬)】
  4. 綿入が似合う淋しいけど似合う 大庭紫逢【季語=綿入(冬)】
  5. あたゝかき十一月もすみにけり 中村草田男【季語=十一月(冬)】

Pickup記事

  1. 【冬の季語】冬の薔薇
  2. 「野崎海芋のたべる歳時記」わが家のクスクス
  3. 舌荒れてをり猟銃に油差す 小澤實【季語=猟銃(冬)】
  4. 【春の季語】彼岸
  5. 菜の花の斜面を潜水服のまま 今井聖【季語=菜の花(春)】
PAGE TOP