違う

  1. ひよんの実や昨日と違ふ風を見て   高橋安芸【季語=ひよんの実(秋)】

    ひよんの実や昨日と違ふ風を見て)高橋安芸長野県俳人協会編『信濃句集』で目を引いた作家として高橋安芸の名も挙げておきたい。 約束のごとし松過ぎ流れ出す 古葦に鳥の目覚めの声みじか…

  2. 結構違ふよ団栗の背くらべ 小林貴子【季語=団栗(秋)】

    結構違ふよ団栗の背くらべ小林貴子俳句の楽しみのひとつは、句…

おすすめ記事

  1. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第3回】葛飾と岡本眸
  2. 二人でかぶる風折烏帽子うぐひすとぶ 飯島晴子【季語=鶯(春)】
  3. 水喧嘩恋のもつれも加はりて 相島虚吼【季語=水喧嘩(夏)】
  4. 「野崎海芋のたべる歳時記」ゴーヤの揚げ浸し
  5. 芽柳の傘擦る音の一寸の間 藤松遊子【季語=芽柳(春)】

Pickup記事

  1. 「野崎海芋のたべる歳時記」エゾシカのロースト
  2. 【冬の季語】毛糸
  3. 【新年の季語】初夢
  4. 花言葉なき一生を水中花 杉阪大和【季語=水中花(夏)】
  5. 胴ぶるひして立春の犬となる 鈴木石夫【季語=立春(春)】
PAGE TOP