鈴木豊一

  1. 初場所や昔しこ名に寒玉子 百合山羽公【季語=初場所(冬)】

    初場所や昔しこ名に寒玉子百合山羽公(「日本大歳時記 新年」昭和56年 講談社)羽公の句の魅力の一つは独特の抜け感にあり、鈴木豊一の言葉を借りるなら、「有情滑稽」という評はたしかにふさわしいように思わ…

おすすめ記事

  1. 【冬の季語】時雨
  2. 金閣をにらむ裸の翁かな 大木あまり【季語=裸(夏)】
  3. 結構違ふよ団栗の背くらべ 小林貴子【季語=団栗(秋)】
  4. 春の夜のエプロンをとるしぐさ哉 小沢昭一【季語=春の夜(春)】
  5. 替へてゐる畳の上の冬木影 浅野白山【季語=冬木(冬)】

Pickup記事

  1. 呪ふ人は好きな人なり紅芙蓉 長谷川かな女【季語=芙蓉(秋)】
  2. 【春の季語】石鹸玉
  3. 秋櫻子の足あと【最終回】谷岡健彦
  4. 【冬の季語】大寒
  5. 颱風の去つて玄界灘の月 中村吉右衛門【季語=颱風・月(秋)】
PAGE TOP