隠れる

  1. 木枯やたけにかくれてしづまりぬ 芭蕉【季語=木枯(冬)】

    木枯やたけにかくれてしづまりぬ)芭蕉世界的名句も共感覚俳句 『日本の俳句はなぜ世界文学なのか』(キーン、クリステワ共著)の「なぜ」(理由)の主要な要素が〈感覚合流〉にあるという指摘は、かねて…

おすすめ記事

  1. 秋櫻子の足あと【第2回】谷岡健彦
  2. もろ手入れ西瓜提灯ともしけり 大橋櫻坡子【季語=西瓜提灯】
  3. 【秋の季語】ハロウィン/ハロウィーン
  4. 【冬の季語】熊
  5. 神保町に銀漢亭があったころ【第100回】伊藤政三

Pickup記事

  1. 【春の季語】薄氷
  2. 【連載】新しい短歌をさがして【7】服部崇
  3. 流氷は嘶きをもて迎ふべし 青山茂根【季語=流氷(春)】
  4. つゆくさをちりばめここにねむりなさい 冬野虹【季語=露草 (秋)】
  5. 蝌蚪の紐掬ひて掛けむ汝が首に 林雅樹【季語=蝌蚪(春)】
PAGE TOP