隠喩

  1. 蝶落ちて大音響の結氷期 富沢赤黄男【季語=結氷期(冬)】

    埋火も消ゆや涙の煮(にゆ)る音蝶堕(お)ちて大音響の結氷期)富沢赤黄男(とみざわかきお)(後編)→前編はこちら ところで、現在といえば何といってもやはり散文の時代ではある。 文学においては特…

  2. 蝶落ちて大音響の結氷期 富沢赤黄男【季語=結氷期(冬)】

    埋火も消ゆや涙の煮(にゆ)る音蝶堕(お)ちて大音響の結氷期)富沢赤黄男(と…

おすすめ記事

  1. 馬の背中は喪失的にうつくしい作文だった。 石松佳
  2. 小燕のさヾめき誰も聞き流し 中村汀女【季語=小燕(夏)】
  3. 【冬の季語】冬木
  4. 人垣に春節の龍起ち上がる 小路紫峡【季語=春節(春)】
  5. 【銀漢亭スピンオフ企画】ホヤケン/田中泥炭【特別寄稿】

Pickup記事

  1. 浅春の岸辺は龍の匂ひせる 対中いずみ【季語=亀浅春(春)】
  2. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2022年8月分】
  3. 春愁は人なき都会魚なき海 野見山朱鳥【季語=春愁(春)】
  4. 倉田有希の「写真と俳句チャレンジ」【第8回】俳句甲子園と写真と俳句
  5. 【#26-2】愛媛県南予地方と宇和島の牛鬼(2)
PAGE TOP