電車

  1. 葉桜の頃の電車は突つ走る 波多野爽波【季語=葉桜(夏)】

    葉桜の頃の電車は突つ走る)波多野爽波『湯呑』前回は星野立子の〈電車いままつしぐらなり桐の花〉について書いたが、今回も、走る電車をモチーフとした初夏の句を取り上げたい。モチーフも季も同じなのに…

  2. 電車いままつしぐらなり桐の花 星野立子【季語=桐の花(夏)】

    電車いままつしぐらなり桐の花)星野立子『立子句集』走る「電…

  3. 誕生日の切符も自動改札に飲まれる 岡田幸生

    誕生日の切符も自動改札に飲まれる)岡田幸生『句集 無伴奏』2015年4月(…

  4. 吊皮のしづかな拳梅雨に入る 村上鞆彦【季語=梅雨に入る(夏)】

    吊皮のしづかな拳梅雨に入る村上鞆彦新型コロナウイルス感染症…

  5. さみだれの電車の軋み君が許へ 矢島渚男【季語=さみだれ(夏)】

    さみだれの電車の軋み君が許へ矢島渚男天気予報によると、五月…

おすすめ記事

  1. 万緑やご飯のあとのまたご飯 宮本佳世乃【季語=万緑(夏)】
  2. きりん老ゆ日本のうろこ雲食べて 松尾隆信【季語=うろこ雲(秋)】
  3. 向日葵をつよく彩る色は黒 京極杞陽【季語=向日葵(夏)】
  4. 神保町に銀漢亭があったころ【第33回】馬場龍吉
  5. 頭を垂れて汗の男ら堂に満つ 高山れおな【季語=汗(夏)】

Pickup記事

  1. 日まはりは鬼の顔して並びゐる 星野麦人【季語=向日葵(夏)】
  2. 【春の季語】囀る
  3. 「パリ子育て俳句さんぽ」【4月23日配信分】
  4. 【冬の季語】枯野
  5. 【秋の季語】新酒/今年酒
PAGE TOP