露地裏

  1. 露地裏を夜汽車と思ふ金魚かな 攝津幸彦【季語=金魚(夏)】

    露地裏を夜汽車と思ふ金魚かな攝津幸彦難解と言われているのをよく見かける句である。私としては、どちらかといえば、句の意味をどう解釈すればいいのか云々よりも、どのような「文体」として受け止めるかという方…

おすすめ記事

  1. 蔓の先出てゐてまろし雪むぐら 野村泊月【季語=雪むぐら(冬)】
  2. 【セクト・ポクリット読者限定】『神保町に銀漢亭があったころ』注文フォーム【送料無料】
  3. 三椏の花三三が九三三が九 稲畑汀子【季語=三椏の花(春)】
  4. 【秋の季語】芋虫
  5. 【冬の季語】冬籠

Pickup記事

  1. 仲秋の金蠅にしてパッと散る 波多野爽波【季語=仲秋(秋)】
  2. 未来より滝を吹き割る風来たる 夏石番矢【季語=滝(夏)】
  3. 車椅子はもとより淋し十三夜 成瀬正俊【季語=十三夜(秋)】
  4. 茄子もぐ手また夕闇に現れし 吉岡禅寺洞【季語=茄子(秋)】
  5. 葛の花来るなと言つたではないか 飯島晴子【季語=葛の花(秋)】
PAGE TOP