静岡

  1. のこるたなごころ白桃一つ置く 小川双々子【季語=白桃(秋)】

    のこるたなごころ白桃一つ置く小川双々子(『小川双々子全句集』1990年)第三句集『くろはらいそ』所収の句。状況の情報がないとよくわからない句である。「のこる」と形容された「たなごころ」はどこか物質的…

おすすめ記事

  1. 【連載】新しい短歌をさがして【12】服部崇
  2. みかんいろのみかんらしくうずもれている 岡田幸生【季語=蜜柑(冬)】
  3. 【連載】久留島元のオバケハイク【第5回】夜長の怪談
  4. 青空の暗きところが雲雀の血 高野ムツオ【季語=雲雀(春)】
  5. 美しき時雨の虹に人を待つ 森田愛子【季語=時雨(冬)】

Pickup記事

  1. 【春の季語】早春
  2. ビーフストロガノフと言へた爽やかに 守屋明俊【季語=爽やか(秋)】
  3. 【秋の季語】芋虫
  4. 【春の季語】鷹鳩と化す
  5. 雁かへる方や白鷺城かたむく 萩原麦草【季語=雁帰る(春)】
PAGE TOP