鶏頭

  1. 笠原小百合の「競馬的名句アルバム」【第8回】2003年 天皇賞・秋 シンボリクリスエス

    【第8回】パドック派の戯言(2003年 天皇賞・秋 シンボリクリスエス)競馬を始めた、もしくは始めようとしている人は専門用語の多さに尻込みしてしまうことが多い。競馬を嗜む身としては一般的な名称だと思っていて…

  2. 【秋の季語】鶏頭/鶏頭花

    【秋の季語=三秋(8月〜10月)】鶏頭/鶏頭花【解説】俳句では、まずもって子規の〈鶏頭の十…

  3. 水飲んで眼の渇く鶏頭花 柘植史子【季語=鶏頭(秋)】

    水飲んで眼の渇く鶏頭花  柘植史子 句集タイトルにもうかが…

おすすめ記事

  1. むかし吾を縛りし男の子凌霄花 中村苑子【季語=凌霄花(夏)】
  2. 初春の船に届ける祝酒 中西夕紀【季語=初春(新年)】
  3. 神保町に銀漢亭があったころ【第108回】麻里伊
  4. 鞦韆は漕ぐべし愛は奪ふべし 三橋鷹女【季語=鞦韆(春)】
  5. 神保町に銀漢亭があったころ【第41回】矢野玲奈

Pickup記事

  1. 冴えかへるもののひとつに夜の鼻 加藤楸邨【季語=冴返る(春)】
  2. 実るなと掴む乳房や春嵐 渡邉美愛【季語=春嵐(春)】
  3. 夏山に勅封の大扉あり 宇佐美魚目【季語=夏山(夏)】
  4. 黒揚羽に当てられてゐる軀かな 飯島晴子【季語=黒揚羽(夏)】
  5. 大氷柱折りドンペリを冷やしをり 木暮陶句郎【季語=氷柱(冬)】
PAGE TOP