鶴見澄子

  1. タワーマンションのロック四重や鳥雲に 鶴見澄子【季語=鳥雲に(春)】

    タワーマンションのロック四重や鳥雲に鶴見澄子だいたいの服に合うアクセサリーがあるように、だいたいの情景にハマる季語というのがある。ハマるというよりも落とす、一気に収斂させる、といった方が正しいかもし…

おすすめ記事

  1. 蕎麦碾くや月山はうつすらと雪 佐藤郁良【季語=雪(冬)】 
  2. 【連載】加島正浩「震災俳句を読み直す」第8回
  3. 仲秋の金蠅にしてパッと散る 波多野爽波【季語=仲秋(秋)】
  4. 【連載】歳時記のトリセツ(4)/中西亮太さん
  5. 萩にふり芒にそそぐ雨とこそ 久保田万太郎【季語=萩・芒(秋)】

Pickup記事

  1. 【冬の季語】冬野
  2. 倉田有希の「写真と俳句チャレンジ」【第9回】俳句LOVEと写真と俳句
  3. 冬河原のつぴきならぬ恋ならめ 行方克巳【季語=冬河原(冬)】
  4. 【クラファン目標達成記念!】神保町に銀漢亭があったころリターンズ【7】/中島凌雲(「銀漢」同人)
  5. 水底に届かぬ雪の白さかな 蜂谷一人【季語=雪(冬)】
PAGE TOP