黒鯛

  1. 黒鯛のけむれる方へ漕ぎ出づる 宇多喜代子【季語=黒鯛(夏)】

    黒鯛のけむれる方へ漕ぎ出づる宇多喜代子(『宇多喜代子俳句集成』)故郷の家のすぐそばに潮の上がってくる川があって、子どもの頃に釣りなどをしてさんざん海や川に親しんで育ってきた経験からの勝手な印象なのだ…

おすすめ記事

  1. 「野崎海芋のたべる歳時記」牡蠣とほうれん草のガーリックソテー
  2. 【短期連載】茶道と俳句 井上泰至【第8回】
  3. 純愛や十字十字の冬木立 対馬康子【季語=冬木立(冬)】
  4. 水道水細し残暑の体育館 野澤みのり【季語=残暑(秋)】
  5. 退帆のディンギー跳ねぬ春の虹 根岸哲也【季語=春の虹(春)】

Pickup記事

  1. ハフハフと泳ぎだす蛭ぼく音痴 池禎章【季語=蛭(夏)】
  2. 【冬の季語】水仙
  3. 【冬の季語】小六月
  4. 【春の季語】木の根明く
  5. 山茶花の日々の落花を霜に掃く 瀧本水鳴【季語=山茶花(冬)】
PAGE TOP