1903年生まれ

  1. 銀河系のとある酒場のヒヤシンス 橋 閒石【季語=ヒヤシンス(春)】

    銀河系のとある酒場のヒヤシンス橋 閒石(『橋閒石全句集』)ヒヤシンスは晩春の季語。たしか小学校のときに球根を透明なガラス容器で栽培し成長を観察する教育を受けたような覚えがあるのだけれど、咲いてしまえ…

  2. 誰もみなコーヒーが好き花曇 星野立子【季語=花曇(春)】

    誰もみなコーヒーが好き花曇星野立子(「春雷」)人間の嗜好に…

  3. 雛節句一夜過ぎ早や二夜過ぎ 星野立子【季語=雛節句(春)】

    雛節句一ト夜過ぎ早や二タ夜過ぎ星野立子今日は3月3日金曜日…

おすすめ記事

  1. 虹の空たちまち雪となりにけり 山本駄々子【季語=雪(冬)】
  2. 【新年の季語】嫁が君
  3. 【春の季語】初蝶
  4. 告げざる愛地にこぼしつつ泉汲む 恩田侑布子【季語=泳ぐ(夏)】
  5. 春愁は人なき都会魚なき海 野見山朱鳥【季語=春愁(春)】

Pickup記事

  1. 暮るるほど湖みえてくる白露かな 根岸善雄【季語=白露(秋)】
  2. 趣味と写真と、ときどき俳句と【#03】Sex Pistolsを初めて聴いた時のこと
  3. あつ雉子あつ人だちふ目が合うて 西野文代【季語=雉子(春)】
  4. 秋鰺の青流すほど水をかけ 長谷川秋子【季語=秋鰺 (秋)】
  5. 【冬の季語】息白し
PAGE TOP