1913年生まれ

  1. 赤んぼころがり昼寝の漁婦に試射砲音 古沢太穂【季語=昼寝(夏)】

    赤んぼころがり昼寝の漁婦に試射砲音古沢太穂昨今の夏は記録的な猛暑続きで、黙っていても汗が滂沱として流れ、恋人はレモンのジュースをつくるのに困りすぎた顔をしている。暑ければそれだけで疲労は蓄積される。…

  2. 秋めくや焼鳥を食ふひとの恋 石田波郷【季語=秋めく(秋)】

    秋めくや焼鳥を食ふひとの恋石田波郷 先週は家族の引っ越しが…

  3. 青葉冷え出土の壺が山雨呼ぶ 河野南畦【季語=青葉冷(夏)】

    青葉冷え出土の壺が山雨呼ぶ)河野南畦「青葉冷え」は出会った…

  4. 笹鳴きに覚めて朝とも日暮れとも 中村苑子【季語=笹鳴(冬)】 

    笹鳴きに覚めて朝とも日暮れとも)中村苑子笹鳴きは、茂みの中…

おすすめ記事

  1. 九月の教室蟬がじーんと別れにくる 穴井太【季語=九月(秋)】
  2. おもかげや姨ひとりなく月の友 松尾芭蕉【季語=月(秋)】
  3. 露地裏を夜汽車と思ふ金魚かな 攝津幸彦【季語=金魚(夏)】
  4. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2024年3・4月分】
  5. 【冬の季語】おでん

Pickup記事

  1. 【連載】新しい短歌をさがして【16】服部崇
  2. 【第4回】ラジオ・ポクリット(ゲスト: 大西朋さん・白井飛露さん)
  3. ゑんまさまきつといい子になりまする 西野文代【季語=閻魔詣(夏)】
  4. 麦真青電柱脚を失へる 土岐錬太郎【季語=青麦(夏)】
  5. 酔うて泣きデザートを食ひ年忘 岸本尚毅【季語=年忘(冬)】
PAGE TOP