1979年

  1. ひよんの実や昨日と違ふ風を見て   高橋安芸【季語=ひよんの実(秋)】

    ひよんの実や昨日と違ふ風を見て)高橋安芸長野県俳人協会編『信濃句集』で目を引いた作家として高橋安芸の名も挙げておきたい。 約束のごとし松過ぎ流れ出す 古葦に鳥の目覚めの声みじか…

おすすめ記事

  1. 【連載】歳時記のトリセツ(15)/茅根知子さん
  2. 【春の季語】恋猫
  3. 江の島の賑やかな日の仔猫かな 遠藤由樹子【季語=仔猫(春)】
  4. 巡査つと来てラムネ瓶さかしまに 高濱虚子【季語=ラムネ(夏)】
  5. 枯葉言ふ「最期とは軽いこの音さ」 林翔【季語=枯葉(冬)】

Pickup記事

  1. ゆる俳句ラジオ「鴨と尺蠖」【番外編】
  2. 【冬の季語】大年
  3. 川を見るバナナの皮は手より落ち 高濱虚子【季語=バナナ(夏)】
  4. 前をゆく私が野分へとむかふ 鴇田智哉【季語=野分(秋)】
  5. 【第3回】ラジオ・ポクリット(ゲスト: 成田一子さん)
PAGE TOP