1984年没

  1. 熟れ麦はほろびのひかり夕日また 石原舟月【季語=熟れ麦(夏)】

    熟れ麦はほろびのひかり夕日また石原舟月先週のゴールデンウィークに栃木県・那須へドライブしてきた。子供の頃、夏休みに父親が知人から別荘を借りて家族で過ごしたが、社会人になってからは一度も行く機会がなか…

  2. 海苔あぶる手もとも袖も美しき 瀧井孝作【季語=海苔(春)】

    海苔あぶる手もとも袖も美しき瀧井孝作(『海ほほづき』)海苔…

  3. 誰もみなコーヒーが好き花曇 星野立子【季語=花曇(春)】

    誰もみなコーヒーが好き花曇星野立子(「春雷」)人間の嗜好に…

  4. 雛節句一夜過ぎ早や二夜過ぎ 星野立子【季語=雛節句(春)】

    雛節句一ト夜過ぎ早や二タ夜過ぎ星野立子今日は3月3日金曜日…

おすすめ記事

  1. 寝化粧の鏡にポインセチア燃ゆ 小路智壽子【季語=ポインセチア(冬)】
  2. 【連載】漢字という親を棄てられない私たち/井上泰至【第6回】
  3. 十二月うしろの正面山の神 成田千空【季語=十二月(冬)】
  4. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第48回】 箕面と後藤夜半
  5. ライターを囲ふ手のひら水温む 斉藤志歩【季語=水温む(春)】

Pickup記事

  1. 【#45】マイルス・デイヴィスと中平卓馬
  2. 山頂に流星触れたのだろうか 清家由香里【季語=流星(秋)】
  3. つゆくさをちりばめここにねむりなさい 冬野虹【季語=露草 (秋)】
  4. 天女より人女がよけれ吾亦紅 森澄雄【季語=吾亦紅(秋)】
  5. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2023年1月分】
PAGE TOP