ハイクノミカタ

水飲んで眼の渇く鶏頭花 柘植史子【季語=鶏頭(秋)】


水飲んで眼の渇く鶏頭花  

柘植史子 


句集タイトルにもうかがえるように、わりあい雨の句が多い作者だが、こちらは水分がすべて乾いてしまいそうな暑い秋の日の一句。水を飲んで喉を潤しても、目の乾きは癒せない。それほどまでに日が眩しく、その視界には赫赫と咲き続けている鶏頭が、目の前にある。「水を飲む」という体内を潤す行為と、「目の渇く」という体内から水分が失われている状態の矛盾と、まるで鶏頭の色が、見るものの目から水分を奪っていくかのような感覚は、この植物の特徴を言い当てているようにも思われてくる。ちなみに同じ句集には〈鶏頭の四五本とゐる雨宿り〉という句もあるが、こちらは雨の句で、子規の「十四五本」という句以外で、本数を詠んだ句として目にとまる。まるで、本当の鶏であるかのような数であるところが面白味だ。『雨の梯子』(2018)より。(堀切克洋)



【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. おそろしき一直線の彼方かな 畠山弘
  2. 若葉してうるさいッ玄米パン屋さん 三橋鷹女【季語=若葉(夏)】
  3. 薄氷の吹かれて端の重なれる 深見けん二【季語=薄氷(冬)】
  4. 彎曲し火傷し爆心地のマラソン 金子兜太
  5. 軋みつつ花束となるチューリップ 津川絵理子【季語=チューリップ(…
  6. なつかしきこと多くなり夜の秋 小島健【季語=夜の秋(夏)】
  7. 虫籠は死んだら次の虫が来る  北大路翼【季語=虫籠(秋)】
  8. とび・からす息合わせ鳴く小六月 城取信平【季語=小六月(冬)】

おすすめ記事

  1. 雨月なり後部座席に人眠らせ 榮猿丸【季語=雨月(秋)】
  2. 【第22回】新しい短歌をさがして/服部崇
  3. ひきだしに海を映さぬサングラス 神野紗希【季語=サングラス(夏)】
  4. しばらくは箒目に蟻したがへり 本宮哲郎【季語=蟻(夏)】
  5. 月光にいのち死にゆくひとと寝る 橋本多佳子【季語=月光(秋)】
  6. 【秋の季語】臭木の花/花臭木 常山木の花
  7. かゝる世もありと暮しぬ春炬燵 松尾いはほ【季語=春炬燵(春)】
  8. 神保町に銀漢亭があったころ【第83回】対馬康子
  9. 【短期連載】茶道と俳句 井上泰至【第8回】
  10. うつくしき羽子板市や買はで過ぐ 高浜虚子【季語=羽子板市(冬)】

Pickup記事

  1. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2022年7月分】
  2. 髪で捲く鏡や冬の谷底に 飯島晴子【季語=冬(冬)】
  3. 神保町に銀漢亭があったころ【第35回】松川洋酔
  4. 神保町に銀漢亭があったころ【第86回】有澤志峯
  5. 「野崎海芋のたべる歳時記」鶏皮ポン酢
  6. いつの間に昼の月出て冬の空 内藤鳴雪【季語=冬の空(冬)】
  7. 【冬の季語】熊
  8. 【連載】加島正浩「震災俳句を読み直す」第8回
  9. 趣味と写真と、ときどき俳句と【#02】猫を撮り始めたことについて
  10. 松山藩主松平定行公と東野、高浜虚子や今井つる女が訪れた茶屋について(1)
PAGE TOP