ハイクノミカタ

瀧壺を離れし水に歩を合はす 藤木倶子【季語=滝(夏)】


瀧壺を離れし水に歩を合はす 

藤木倶子


「滝壺」へと落ちた滝の水は、さっきまで恐ろしいスピードで落下していたことをもう忘れたかのように、落ち着きを取り戻し、ゆっくりと流れてゆく。

何らかの自然物に歩調を合わせるという句はいろいろあるが、「滝壺を離れし水」というのは、ほとんど動きがないために、それなりに高齢の作者を想像させる。能動的に「合はす」といいながらも、どこか自然物のほうが自分のスピードに寄り添ってきたような一面も感じられる。

ただ単に水の流れだけを言っているのではない。滝の間近は、当然ものすごい滝音がするが、そこから離れれば、そのぶん音も遠のく怒涛の滝音も鎮まり、雑念が消え失せていくような内的な感覚も感じられる。この句のよろしさは、作者が「水」と調和していく、ただその一点にある。

そもそもの話として、自然には自然のリズムがあり、人間には人間のリズムがある。

「滝」は人間とって、過剰なものである。音も勢いもすべてが過剰である。そのエネルギーは人間のコントロールをはるかに超えている。しかし、「滝壺を離れた水」は、人間の側が合わせられる。滝との距離感を、時間の経過も含めて、さりげなく描いている。

作者は青森で「たかんな」を主宰した。掲句で描かれているのは、おそらく十和田湖から流れ出る奥入瀬渓流だろうか。

深い自然林におおわれた奥入瀬渓流には、千変万化の水の流れがある。渓流に沿って流れとほぼ同じ高さに車道と歩道がつくられ、尾根や山腹の道から渓谷を眺めるのとは、また趣の異なった景観を味わうことができる。

足下に気をつけながら、一歩一歩、森林散策を楽しんでいるような、マイナスイオンたっぷりの句である。

句集『星辰』所収、平成21年作。

(堀切克洋)



【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 茅舎忌の猛暑ひきずり草田男忌 竹中宏【季語=草田男忌(夏)】
  2. 手の甲に子かまきりをり吹きて逃す 土屋幸代【季語=子かまきり(夏…
  3. 温室の空がきれいに区切らるる 飯田晴【季語=温室(冬)】
  4. 隠岐やいま木の芽をかこむ怒濤かな 加藤楸邨【季語=木の芽(春)】…
  5. 白梅や粥の面てを裏切らむ 飯島晴子【季語=白梅(春)】
  6. 松葉屋の女房の円髷や酉の市 久保田万太郎【季語=酉の市(冬)】
  7. 散るときのきてちる牡丹哀しまず 稲垣きくの【季語=牡丹(夏)】
  8. 前をゆく私が野分へとむかふ 鴇田智哉【季語=野分(秋)】

おすすめ記事

  1. 節分の鬼に金棒てふ菓子も 後藤比奈夫【季語=節分(冬)】
  2. 馬の背中は喪失的にうつくしい作文だった。 石松佳
  3. 抱く吾子も梅雨の重みといふべしや 飯田龍太【季語=梅雨(夏)】
  4. 松山藩主松平定行公と東野、高浜虚子や今井つる女が訪れた茶屋について(4)
  5. 未生以前の石笛までも刎ねる 小野初江
  6. 【秋の季語】茸(菌)
  7. 鶯や米原の町濡れやすく 加藤喜代子【季語=鶯(春)】
  8. 【連載】もしあの俳人が歌人だったら Session#11
  9. 武具飾る海をへだてて離れ住み 加藤耕子【季語=武具飾る(夏)】
  10. 紀元前二〇二年の虞美人草 水津達大【季語=虞美人草(春)】

Pickup記事

  1. 朝寝楽し障子と壺と白ければ   三宅清三郎【季語=朝寝(春)】
  2. 大揺れのもののおもてを蟻の道 千葉皓史【季語=蟻(夏)】
  3. 【連載】もしあの俳人が歌人だったら Session#3
  4. 【春の季語】啄木忌
  5. あたゝかに六日年越よき月夜 大場白水郎【季語=六日年越(新年)】
  6. あえかなる薔薇撰りをれば春の雷 石田波郷【季語=春の雷(春)】
  7. ここまでは来たよとモアイ置いていく 大川博幸
  8. 【書評】太田うさぎ『また明日』(左右社、2020年)
  9. うつとりと人見る奈良の鹿子哉 正岡子規【季語=鹿子(夏)】
  10. 【新年の季語】どんど焼
PAGE TOP