ハイクノミカタ

眼のなれて闇ほどけゆく白牡丹 桑田和子【季語=白牡丹(夏)】

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: eye-2horikiri--1024x538.png

眼のなれて闇ほどけゆく白牡丹

桑田和子


暗闇でだんだんと目は慣れてくる。その時間の経過を詠んだ俳句として、印象的な一句である。何も見えないところから、白牡丹の白のぼんやりとした輪郭が見てくる、詠まれているのは、その時間だけだ。だから実はこの「白牡丹」は、「白牡丹」にはまだなっていない。その独特の存在感が「白牡丹」の本質でないかと言われてみれば、そんな気もしてくる。不思議な味わいのある一句だ。「俳句界」2020年6月号より。(堀切克洋)



【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 水仙や古鏡の如く花をかかぐ 松本たかし【季語=水仙(冬)】
  2. 「十六夜ネ」といった女と別れけり 永六輔【季語=十六夜(秋)】
  3. 青大将この日男と女かな 鳴戸奈菜【季語=青大将(夏)】
  4. 退帆のディンギー跳ねぬ春の虹 根岸哲也【季語=春の虹(春)】
  5. こすれあく蓋もガラスの梅雨曇 上田信治【季語=梅雨曇(夏)】
  6. 赤い椿白い椿と落ちにけり 河東碧梧桐【季語=椿(春)】
  7. 冬蟹に尿ればどつと裏返る 只野柯舟【季語=冬蟹(冬)】
  8. 本捨つる吾に秋天ありにけり 渡部州麻子【季語=秋天(秋)】

おすすめ記事

  1. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2023年5月分】
  2. 【冬の季語】蓮根
  3. 【春の季語】バレンタインの日(バレンタインデー)
  4. 長き夜の四人が実にいい手つき 佐山哲郎【季語=長き夜 (秋)】
  5. 【秋の季語】梨
  6. さまざまの事おもひ出す桜かな 松尾芭蕉【季語=桜(春)】
  7. 【夏の季語】サマーセーター/サマーニット
  8. 数へ日を二人で数へ始めけり 矢野玲奈【季語=数へ日(冬)】
  9. 白菜かかへみやこのなかは曇なり 飯島晴子【季語=白菜(冬)】
  10. 武具飾る海をへだてて離れ住み 加藤耕子【季語=武具飾る(夏)】

Pickup記事

  1. 水中に風を起せる泉かな 小林貴子【季語=泉(夏)】
  2. 松山藩主松平定行公と東野、高浜虚子や今井つる女が訪れた茶屋について(2)
  3. 純愛や十字十字の冬木立 対馬康子【季語=冬木立(冬)】
  4. 【秋の季語】山椒の実
  5. 【#35】俳誌に連載させてもらうようになったことについて
  6. 紐の束を括るも紐や蚯蚓鳴く 澤好摩【季語=蚯蚓鳴く(秋)】
  7. 【冬の季語】裸木
  8. 「けふの難読俳句」【第6回】「後妻/前妻」
  9. 【馬の俳句】
  10. 【秋の季語】立秋
PAGE TOP