ハイクノミカタ

眼のなれて闇ほどけゆく白牡丹 桑田和子【季語=白牡丹(夏)】

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: eye-2horikiri--1024x538.png

眼のなれて闇ほどけゆく白牡丹

桑田和子


暗闇でだんだんと目は慣れてくる。その時間の経過を詠んだ俳句として、印象的な一句である。何も見えないところから、白牡丹の白のぼんやりとした輪郭が見てくる、詠まれているのは、その時間だけだ。だから実はこの「白牡丹」は、「白牡丹」にはまだなっていない。その独特の存在感が「白牡丹」の本質でないかと言われてみれば、そんな気もしてくる。不思議な味わいのある一句だ。「俳句界」2020年6月号より。(堀切克洋)



【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 水飲んで眼の渇く鶏頭花 柘植史子【季語=鶏頭(秋)】
  2. 告げざる愛地にこぼしつつ泉汲む 恩田侑布子【季語=泳ぐ(夏)…
  3. 捨て櫂や暑気たゞならぬ皐月空 飯田蛇笏【季語=皐月(夏)】
  4. 小満の風や格言カレンダー 菅原雅人【季語=小満(夏)】
  5. 鞦韆は漕ぐべし愛は奪ふべし 三橋鷹女【季語=鞦韆(春)】
  6. 柿食へば鐘が鳴るなり法隆寺 正岡子規【季語=柿(秋)】
  7. 秋草の揺れの移れる体かな 涼野海音【季語=秋草(秋)】
  8. 六月を奇麗な風の吹くことよ 正岡子規【季語=六月(夏)】

おすすめ記事

  1. 待春やうどんに絡む卵の黄 杉山久子【季語=待春(春)】
  2. 春天の塔上翼なき人等 野見山朱鳥【季語=春天(春)】
  3. 神保町に銀漢亭があったころ【第72回】本井英
  4. 雛節句一夜過ぎ早や二夜過ぎ 星野立子【季語=雛節句(春)】
  5. 滝落したり落したり落したり 清崎敏郎【季語=滝(夏)】
  6. 神保町に銀漢亭があったころ【第17回】太田うさぎ
  7. 「野崎海芋のたべる歳時記」カスレ
  8. 【春の季語】二月尽
  9. 【冬の季語】納豆
  10. ミステリートレインが着く猿の星 飯島章友

Pickup記事

  1. あきざくら咽喉に穴あく情死かな 宇多喜代子【季語=あきざくら(秋)】
  2. 「パリ子育て俳句さんぽ」【6月4日配信分】
  3. 【冬の季語】小春日和
  4. 【春の季語】虚子忌(虚子の忌)
  5. 二ン月や鼻より口に音抜けて 桑原三郎【季語=二ン月(春)】
  6. しんじつを籠めてくれなゐ真弓の実 後藤比奈夫【季語=真弓の実(秋)】
  7. 松山藩主松平定行公と東野、高浜虚子や今井つる女が訪れた茶屋について(3)
  8. 【新年の季語】春の七種(七草)
  9. 「パリ子育て俳句さんぽ」【7月2日配信分】
  10. 夕空や日のあたりたる凧一つ 高野素十【季語=凧(春)】
PAGE TOP