「」

  1. クリスマス「君と結婚していたら」 堀井春一郎【季語=クリスマス(冬)】

    クリスマス「君と結婚していたら」堀井春一郎(『堀井春一郎全句集 曳白』) 「君と結婚していたら」などと言う男にロクな奴はいない。そもそも本心で言っているとは到底思えないのだが、クリスマスに囁かれたら…

  2. 「十六夜ネ」といった女と別れけり 永六輔【季語=十六夜(秋)】

    「十六夜ネ」といった女と別れけり永六輔 高校時代、ありがと…

  3. 「ぺットでいいの」林檎が好きで泣き虫で 楠本憲吉【季語=林檎(秋)】

    「ぺットでいいの」林檎が好きで泣き虫で楠本憲吉『楠本憲吉集』…

おすすめ記事

  1. 何故逃げる儂の箸より冷奴 豊田すずめ【季語=冷奴(夏)】
  2. ふくしまに生れ今年の菊膾 深見けん二【季語=菊膾(秋)】
  3. 【春の季語】雁帰る
  4. 紅梅や凍えたる手のおきどころ 竹久夢二【季語=紅梅(春)】
  5. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第15回】能登と飴山實

Pickup記事

  1. 【春の季語】雨水
  2. 卒業の子らが机を洗ひ居る 山口草堂【季語=卒業(春)】
  3. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第11回】三田と清崎敏郎
  4. 浅草をはづれはづれず酉の市 松岡ひでたか【季語=酉の市(冬)】
  5. 【夏の季語】向日葵
PAGE TOP