「倦鳥」

  1. 数へ日の残り日二日のみとなる 右城暮石【季語=数へ日(冬)】

    数へ日の残り日二日のみとなる右城暮石今週の句の季語は「数へ日」。『日本の歳時記』(小学館)によると季語として定着したのは戦後のことという。普段は日を数えるという行為に伴う感慨そのものがあまりピンとこ…

  2. 恋の神えやみの神や鎮花祭 松瀬青々【季語=鎮花祭(春)】

    恋の神えやみの神や鎮花祭松瀬青々(『妻木』) 恋とは流行風…

おすすめ記事

  1. 【冬の季語】落葉
  2. 【春の季語】風光る
  3. 【書評】日下野由季 第2句集『馥郁』(ふらんす堂、2018年)
  4. はなびらの垂れて静かや花菖蒲 高浜虚子【季語=花菖蒲(夏)】
  5. 産みたての卵や一つ大新緑 橋本夢道【季語=新緑(夏)】

Pickup記事

  1. 【春の季語】蛇穴を出る
  2. おにはにはにはにはとりがゐるはるは 大畑等
  3. 【新年の季語】福寿草
  4. 霜柱ひとはぎくしやくしたるもの 山田真砂年【季語=霜柱(冬)】
  5. 芽柳の傘擦る音の一寸の間 藤松遊子【季語=芽柳(春)】
PAGE TOP