「土上」

  1. 而して蕃茄の酸味口にあり 嶋田青峰【季語=トマト(夏)】

    而して蕃茄の酸味口にあり嶋田青峰(『青峰集』大正14年)この時期、遠くの産地から運ばれてくるトマトと、近隣の畑で採れているトマトではまったく味が違う。もちろん後者が段違いにおいしく、前者は味がない。…

  2. 厨房に貝があるくよ雛祭 秋元不死男【季語=雛祭(春)】

    厨房に貝があるくよ雛祭秋元不死男この「貝」は雛祭のお吸い物…

  3. 棕梠の葉に高き雨垂れ青峰忌 秋元不死男【季語=青峰忌(夏)】

    棕梠の葉に高き雨垂れ青峰忌秋元不死男(「氷海」昭和31年6月号)…

おすすめ記事

  1. 【春の季語】初桜
  2. 瀧見人子を先だてて来りけり 飯島晴子【季語=滝見(夏)】
  3. 【春の季語】鴨引く
  4. 神保町に銀漢亭があったころ【第115回】今田宗男
  5. 【連載】「ゆれたことば」#2「自然がこんなに怖いものだったとは」堀田季何

Pickup記事

  1. 温室の空がきれいに区切らるる 飯田晴【季語=温室(冬)】
  2. 日が照つて厩出し前の草のいろ 鷲谷七菜子【季語=厩出し(春)】
  3. 【書評】渡辺花穂 第一句集『夏衣』(北辰社、2020年)
  4. 神保町に銀漢亭があったころ【第28回】今井肖子
  5. 笠原小百合の「競馬的名句アルバム」【第3回】2010年神戸新聞杯
PAGE TOP