「層雲」

  1. 言葉がわからないので笑うてわかれる露草咲いてゐる 種田山頭火【季語=露草(秋)】

    言葉がわからないので笑うてわかれる露草咲いてゐる種田山頭火(『山頭火俳句集』岩波文庫)種田山頭火は、1940(昭和15)年10月11日に脳溢血で没していて、まもなく没後八十一周年ということになる。つ…

おすすめ記事

  1. ゑんまさまきつといい子になりまする 西野文代【季語=閻魔詣(夏)】
  2. 大河内伝次郎西瓜をまつぷたつ 八木忠栄【季語=西瓜(秋)】
  3. 「パリ子育て俳句さんぽ」【11月27日配信分】
  4. 【春の季語】二月
  5. 足跡が足跡を踏む雪野かな 鈴木牛後【季語=雪野(冬)】 

Pickup記事

  1. 寒天煮るとろとろ細火鼠の眼 橋本多佳子【季語=寒天(冬)】
  2. 蛤の吐いたやうなる港かな 正岡子規【季語=蛤(春)】
  3. いけにえにフリルがあって恥ずかしい 暮田真名
  4. 「パリ子育て俳句さんぽ」【12月11日配信分】
  5. 妻の遺品ならざるはなし春星も 右城暮石【季語=春星(春)】
PAGE TOP