「歯車」

  1. 七月へ爪はひづめとして育つ 宮崎大地【季語=七月(夏)】

    七月へ爪はひづめとして育つ宮崎大地(『木の子』昭和48年)掲句は宮崎大地(1951〜)の一句。過去に取り上げた郡山淳一と同じく、高柳重信による『俳句研究』誌上の企画「五十句競作」の第一回に関連した作…

  2. 自転車の片足大地春惜しむ 松下道臣【季語=春惜しむ(春)】

    自転車の片足大地春惜しむ松下道臣))自転車に乗れるようにな…

  3. 胴ぶるひして立春の犬となる 鈴木石夫【季語=立春(春)】

    胴ぶるひして立春の犬となる鈴木石夫今日は〈立春〉。二十四節…

おすすめ記事

  1. 【春の季語】虚子忌(虚子の忌)
  2. 旅いつも雲に抜かれて大花野 岩田奎【季語=大花野(秋)】
  3. あきざくら咽喉に穴あく情死かな 宇多喜代子【季語=あきざくら(秋)】
  4. 後輩の女おでんに泣きじゃくる 加藤又三郎【季語=おでん(冬)】
  5. 神保町に銀漢亭があったころ【第117回】北村皆雄

Pickup記事

  1. 【冬の季語】寒さ
  2. 【夏の季語】梅干(梅干し)
  3. 【春の季語】二月尽
  4. 霜柱五分その下の固き土 田尾紅葉子【季語=霜柱(冬)】
  5. 神保町に銀漢亭があったころ【第96回】中島憲武
PAGE TOP