「氷原帯」

  1. 帰農記にうかと木の芽の黄を忘ず 細谷源二【季語=木の芽(春)】

    帰農記にうかと木の芽の黄を忘ず細谷源二細谷源二は新興俳句弾圧事件で検挙され、その後保釈されたのも束の間、東京大空襲で職場を失い、終戦の直前に開拓移民として北海道に渡った。その開拓生活の際に書いていた…

カテゴリー記事一覧

記事一覧

PAGE TOP