「白燕」

  1. 名ばかりの垣雲雀野を隔てたり 橋閒石【季語=雲雀野(春)】

    名ばかりの垣雲雀野を隔てたり橋閒石(『橋閒石全句集』)第一句集『雪』(昭和26年5月刊)所収。句意の理解については、特に説明の必要のない内容かと思う。住環境に対する現代人の欲望はいろいろ違っているだ…

  2. 枯芦の沈む沈むと喚びをり 柿本多映【季語=枯芦(冬)】

    枯芦の沈む沈むと喚びをり柿本多映(『夢谷』2013年)不思…

おすすめ記事

  1. 神保町に銀漢亭があったころ【第49回】岸本尚毅
  2. 【春の季語】四月馬鹿
  3. 郭公や何処までゆかば人に逢はむ 臼田亜浪【季語=郭公(夏)】
  4. 火事かしらあそこも地獄なのかしら 櫂未知子【季語=火事(冬)】
  5. 【春の季語】菜の花

Pickup記事

  1. どんぶりに顔を埋めて暮早し 飯田冬眞【季語=暮早し(冬)】
  2. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第28回】草津と村越化石
  3. 氷上の暮色ひしめく風の中 廣瀬直人【季語=氷(冬)】
  4. 金閣をにらむ裸の翁かな 大木あまり【季語=裸(夏)】
  5. 大阪の屋根に入る日や金魚玉   大橋櫻坡子【季語=金魚玉(夏)】
PAGE TOP