「草樹」

  1. あきざくら咽喉に穴あく情死かな 宇多喜代子【季語=あきざくら(秋)】

    あきざくら咽喉に穴あく情死かな宇多喜代子(『りらの木』) 映画でもドラマでも自刃する時は、喉に短剣を突き立てるシーンが印象に残る。喉に思いっきり刃物を刺しても骨に当たるので、その横を流れる頸動脈を切…

  2. 姦通よ夏木のそよぐ夕まぐれ 宇多喜代子【季語=夏木(夏)】

    姦通よ夏木のそよぐ夕まぐれ宇多喜代子(『夏の日』) 姦通と…

  3. 麦よ死は黄一色と思いこむ 宇多喜代子(無季)

    麦よ死は黄一色と思いこむ宇多喜代子「麦よ」という措辞からは…

おすすめ記事

  1. くれなゐの花には季なし枕もと 石川淳【無季】
  2. 引越の最後に子猫仕舞ひけり 未来羽【季語=子猫(春)】
  3. 寝室にねむりの匂ひ稲の花 鈴木光影【季語=稲の花(秋)】
  4. 笠原小百合の「競馬的名句アルバム」【第6回】2018年フェブラリーステークス・ノンコノユメ
  5. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第7回】大森海岸と大牧広

Pickup記事

  1. 【冬の季語】冬滝
  2. 底冷えを閉じ込めてある飴細工 仲田陽子【季語=底冷(冬)】
  3. あめつちや林檎の芯に蜜充たし 武田伸一【季語=林檎(秋)】
  4. 氷に上る魚木に登る童かな 鷹羽狩行【季語=紅梅(春)】
  5. さよならと梅雨の車窓に指で書く 長谷川素逝【季語=梅雨(夏)】
PAGE TOP