「阿蘇」

  1. 雪といひ初雪といひ直しけり 藤崎久を【季語=初雪(冬)】

    雪といひ初雪といひ直しけり藤崎久を心情の機微が端的にあらわされている句だ。誰かとともに外にいるのだろう。言い直すというところに聞き手の存在が思われる。はじめは降っていることに気が付いて、ただ…

おすすめ記事

  1. 火種棒まつ赤に焼けて感謝祭 陽美保子【季語=感謝祭(冬)】
  2. 糸電話古人の秋につながりぬ 攝津幸彦【季語=秋(秋)】
  3. 【新年の季語】どんど焼
  4. 九月の教室蟬がじーんと別れにくる 穴井太【季語=九月(秋)】
  5. 【連載】新しい短歌をさがして【5】服部崇

Pickup記事

  1. 生きものの影入るるたび泉哭く 飯島晴子【季語=泉(夏)】
  2. 【夏の季語】夏座敷
  3. 【#41】真夏の個人的な過ごし方
  4. 寒木が枝打ち鳴らす犬の恋 西東三鬼【季語=寒木(冬)】
  5. さて、どちらへ行かう風がふく 山頭火
PAGE TOP