「鹿火屋」

  1. 雁かへる方や白鷺城かたむく 萩原麦草【季語=雁帰る(春)】

    雁かへる方や白鷺城かたむく萩原麦草3月最後の金曜日である。今週は兵庫県姫路市に来ているが、生憎の冷たい雨である。気温は12℃ぐらいだが、もっと肌寒く感じる。桜の開花ももう少し先のようである。…

  2. 故郷のすすしの陰や春の雪 原石鼎【季語=春の雪(春)】 

    故郷のすすしの陰や春の雪)(原石鼎 (昭和10年作)ついに…

  3. 雪が来るうさぎの耳とうさぎの目 青柳志解樹【季語=雪(冬)】

    雪が来るうさぎの耳とうさぎの目青柳志解樹大相撲初場所が大詰…

  4. 肩へはねて襟巻の端日に長し 原石鼎【季語=襟巻(冬)】

    肩へはねて襟巻の端日に長し原石鼎先日始まったテレビドラマ「…

  5. けさ秋の一帆生みぬ中の海 原石鼎【季語=今朝秋(秋)】

    けさ秋の一帆生みぬ中の海原石鼎「お盆は海に入ったらだめだよ…

おすすめ記事

  1. 神保町に銀漢亭があったころ【第127回】鳥居真里子
  2. 【冬の季語】梅早し
  3. 子供は鳥 かはたれとたそかれにさざめく 上野ちづこ
  4. こすれあく蓋もガラスの梅雨曇 上田信治【季語=梅雨曇(夏)】
  5. トラックに早春を積み引越しす 柊月子【季語=早春(春)】 

Pickup記事

  1. ときじくのいかづち鳴つて冷やかに 岸本尚毅【季語=冷やか(秋)】
  2. 【冬の季語】悴む
  3. みかんむくとき人の手のよく動く 若杉朋哉【季語=蜜柑(冬)】
  4. 【秋の季語】秋分の日
  5. かゝる世もありと暮しぬ春炬燵 松尾いはほ【季語=春炬燵(春)】
PAGE TOP