「麦」

  1. 純愛や十字十字の冬木立 対馬康子【季語=冬木立(冬)】

    純愛や十字十字の冬木立対馬康子(『愛国』)私の実家は、江戸時代からの寺請制度により真言宗の檀家であり、近所の八坂神社の氏子でもあった。神棚には御札が祀られ、毎朝水を供え祈った。庭には氏神様と呼ばれる…

  2. 牡蠣フライ女の腹にて爆発する 大畑等【季語=牡蠣(冬)】

    牡蠣フライ女の腹にて爆発する)大畑等(大畑等句集『ねじ式』2009年2月)…

  3. シャボン玉吹く何様のような顔 斉田仁【季語=石鹸玉(春)】

    シャボン玉吹く何様のような顔斉田仁))ふつう、「〇様のよう…

  4. おにはにはにはにはとりがゐるはるは 大畑等

    おにはにはにはにはとりがゐるはるは大畑等(初出不詳)先週の…

  5. 神保町に銀漢亭があったころ【第83回】対馬康子

    青春しました対馬康子(「麦」会長・「天為」最高顧問)私の「天為」編集長時代…

  6. 神保町に銀漢亭があったころ【第60回】片山一行

おすすめ記事

  1. 【秋の季語】西の虚子忌(西虚子忌)
  2. 【冬の季語】煤逃
  3. 無駄足も無駄骨もある苗木市 仲寒蟬【季語=苗木市(春)】
  4. 草餅や不参遅参に会つぶれ 富永眉月【季語=草餅(春)】
  5. 草も木も人も吹かれてゐて涼し 日下野由季【季語=涼し(夏)】

Pickup記事

  1. 【#19】子猫たちのいる場所
  2. 【書評】相子智恵 第1句集『呼応』(左右社、2021年)
  3. 風光りすなはちもののみな光る 鷹羽狩行【季語=風光る(春)】
  4. 秋櫻子の足あと【第1回】谷岡健彦
  5. 「野崎海芋のたべる歳時記」モワルー・オ・ショコラ
PAGE TOP