あたたか

  1. 【春の季語】永き日

    【春の季語=三春(2月〜4月)】永き日「日永」のこと。「永日」とも。【永き日(上五)】永き日のにはとり柵を越えにけり 芝不器男永き日や相触れし手は触れしまま 日野草城永き…

  2. 【春の季語】日永

    【春の季語=三春(2月〜4月)】日永晩冬には「日脚伸ぶ」という季語…

  3. なぐさめてくるゝあたゝかなりし冬    稲畑汀子【季語=冬あたたか(冬)】

    なぐさめてくるゝあたゝかなりし冬(稲畑汀子いなはた・ていこ)…

  4. あたゝかな雨が降るなり枯葎 正岡子規【季語=あたたか(春)?】

    あたゝかな雨が降るなり枯葎正岡子規(高浜虚子選『子規句集』岩波文庫)…

  5. 「野崎海芋のたべる歳時記」わが家のオムライス

    わが家のオムライスOmurice à la maison…

  6. あたゝかに六日年越よき月夜 大場白水郎【季語=六日年越(新年)】

  7. こほろぎや女の髪の闇あたたか 竹岡一郎【季語=蟋蟀(秋)】

おすすめ記事

  1. 仕切り繰返す間も掃き五月場所 鷹羽狩行【季語=五月場所(夏)】
  2. 【冬の季語】枯野
  3. 【連載】歳時記のトリセツ(6)/岡田由季さん
  4. 梅の径用ありげなる人も行く 今井つる女【季語=梅 (春)】
  5. 谺して山ほととぎすほしいまゝ 杉田久女【季語=ほととぎす(夏)】

Pickup記事

  1. あしかびの沖に御堂の潤み立つ しなだしん【季語=蘆牙(春)】
  2. 秋櫻子の足あと【第11回】谷岡健彦
  3. 【春の季語】日永
  4. 散るときのきてちる牡丹哀しまず 稲垣きくの【季語=牡丹(夏)】
  5. 【春の季語】梅
PAGE TOP