あやめ

  1. 叩頭すあやめあざやかなる方へ 飯島晴子【季語=あやめ(夏)】

    叩頭すあやめあざやかなる方へ)飯島晴子 掲句の収められている『春の蔵』には〈献身やあやめをざつと見渡して〉という句もあるが、比べるとどうだろうか。 まず、上五の「叩頭」と「献身」。「献身」の…

おすすめ記事

  1. 若き日の映画も見たりして二日 大牧広【季語=二日(新年)】
  2. さて、どちらへ行かう風がふく 山頭火
  3. 家濡れて重たくなりぬ花辛夷 森賀まり【季語=花辛夷(春)】 
  4. 【夏の季語】蟻地獄/あとずさり 擂鉢虫
  5. 【冬の季語】竜の玉(龍の玉)

Pickup記事

  1. 旅いつも雲に抜かれて大花野 岩田奎【季語=花野(秋)】
  2. 【冬の季語】蓮根
  3. 退帆のディンギー跳ねぬ春の虹 根岸哲也【季語=春の虹(春)】
  4. 古池やにとんだ蛙で蜘蛛るTELかな 加藤郁乎
  5. 辛酸のほどは椿の絵をかけて 飯島晴子【季語=椿(春)】
PAGE TOP