いっしょ

  1. やつと大きい茶籠といつしよに眠らされ 飯島晴子【無季】

    やつと大きい茶籠といつしよに眠らされ)飯島晴子前回、晴子には赤子俳句が多いと言ったが、その一つがこれである。はっきりとはしないが、その直後に〈草に木に手を隠しゆく宮参〉が並べられていることもあり、私…

おすすめ記事

  1. 【秋の季語】コスモス
  2. 白魚の目に哀願の二つ三つ 田村葉【季語=白魚(春)】
  3. 神保町に銀漢亭があったころ【第46回】小野寺清人
  4. シゴハイ【第3回】脇本浩子(イタリア食文化文筆・翻訳家)
  5. 【#26-3】愛媛県南予地方と宇和島の牛鬼(3)

Pickup記事

  1. 【春の季語】立春
  2. はしりすぎとまりすぎたる蜥蜴かな    京極杞陽【季語=蜥蜴(夏)】
  3. 尺蠖の己れの宙を疑はず 飯島晴子【季語=尺蠖(夏)】
  4. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第47回】 房総・鹿野山と渡辺水巴
  5. 古暦金本選手ありがたう 小川軽舟【季語=古暦(冬)】
PAGE TOP