くだける

  1. かけろふやくだけて物を思ふ猫 論派【季語=陽炎(春)】

    かけろふやくだけて物を思ふ猫論派この地球上では、実に多くの人たちが猫を考えることを以ってしておのれの存在および世界を日々構築している。考えてみるとこれはかなり奇妙な現象だ。世間には猫好きと同じくらい…

おすすめ記事

  1. 尺蠖の己れの宙を疑はず 飯島晴子【季語=尺蠖(夏)】
  2. 笠原小百合の「競馬的名句アルバム」【第7回】2018年 天皇賞(春)・レインボーライン
  3. 「パリ子育て俳句さんぽ」【10月30日配信分】
  4. 針供養といふことをしてそと遊ぶ 後藤夜半【季語=針供養(春)】
  5. 【春の季語】沈丁花

Pickup記事

  1. 神保町に銀漢亭があったころ【第125回】峯尾文世
  2. 五月雨や掃けば飛びたつ畳の蛾 村上鞆彦【季語=五月雨(夏)】
  3. 逢へば短日人しれず得ししづけさも 野澤節子【季語=短日(冬)】
  4. 森の秀は雲と睦めり花サビタ 林翔【季語=さびたの花(夏)】
  5. 「パリ子育て俳句さんぽ」【5月7日配信分】
PAGE TOP