こころ

  1. 春を待つこころに鳥がゐて動く 八田木枯【季語=春を待つ(冬)】

    春を待つこころに鳥がゐて動く八田木枯「動く」という動詞を持ってきたことが胆力という感じがする。「春を待つ」を、私はかねてより不思議な印象の季語だなと思っていた。というのも、「春を待つ」という…

  2. 愛断たむこころ一途に野分中 鷲谷七菜子【季語=野分(秋)】

    愛断たむこころ一途に野分中鷲谷七菜子(『黄炎』)恋愛という…

おすすめ記事

  1. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2023年1月分】
  2. 死なさじと肩つかまるゝ氷の下 寺田京子【季語=氷(冬)】
  3. 大阪の屋根に入る日や金魚玉   大橋櫻坡子【季語=金魚玉(夏)】
  4. 白萩を押してゆく身のぬくさかな 飯島晴子【季語=白萩(秋)】
  5. 【冬の季語】竜の玉(龍の玉)

Pickup記事

  1. 実るなと掴む乳房や春嵐 渡邉美愛【季語=春嵐(春)】
  2. あり余る有給休暇鳥の恋 広渡敬雄【季語=鳥の恋(春)】
  3. 【夏の季語】夏の夢
  4. 「野崎海芋のたべる歳時記」鴨鍋
  5. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第43回】 淋代海岸と山口青邨
PAGE TOP