こんな

  1. ラーメン舌に熱し僕がこんなところに 林田紀音夫

    ラーメン舌に熱し僕がこんなところに林田紀音夫(『風蝕』1961年)林田紀音夫の第一句集から(引用は福田基編『林田紀音夫全句集』による)。林田の代表作といえば、「鉛筆の遺書ならば忘れ易からむ」(195…

おすすめ記事

  1. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第40回】 青山と中村草田男
  2. 江の島の賑やかな日の仔猫かな 遠藤由樹子【季語=仔猫(春)】
  3. 幾千代も散るは美し明日は三越 攝津幸彦
  4. 【夏の季語】出梅
  5. 麺麭摂るや夏めく卓の花蔬菜 飯田蛇笏【季語=夏めく(夏)】

Pickup記事

  1. 逢いたいと書いてはならぬ月と書く 池田澄子【季語=月(秋)】
  2. 海苔あぶる手もとも袖も美しき 瀧井孝作【季語=海苔(春)】
  3. とらが雨など軽んじてぬれにけり 一茶【季語=虎が雨(夏)】
  4. 澁柿を食べさせられし口許に 山内山彦【季語=柿(秋)】
  5. 【新年の季語】繭玉
PAGE TOP