ごきぶり

  1. 【夏の季語】ごきぶり

    【夏の季語=三夏(5月〜7月)】ごきぶり生きた化石の一つである昆虫。人家に侵入する。江戸時代は(その油ぎったような見ためから)「油虫」と呼ばれていた。また、「御器噛」と呼ばれることもあった。「ごきぶ…

おすすめ記事

  1. 【新年の季語】宝船
  2. 【春の季語】春二番
  3. 秋日澄み樹のいろ拾ひつづけたる 井越芳子【季語=秋日(秋)】
  4. 神保町に銀漢亭があったころ【第70回】唐沢静男
  5. 赤んぼころがり昼寝の漁婦に試射砲音 古沢太穂【季語=昼寝(夏)】

Pickup記事

  1. 春を待つこころに鳥がゐて動く 八田木枯【季語=春を待つ(冬)】
  2. 神保町に銀漢亭があったころ【第102回】小泉信一
  3. 【新年の季語】人日
  4. 父の手に負へぬ夜泣きや夏の月 吉田哲二【季語=夏の月(夏)】 
  5. 底紅や黙つてあがる母の家 千葉皓史【季語=底紅(秋)】
PAGE TOP