ごとし

  1. 百方に借あるごとし秋の暮 石塚友二【季語=秋の暮(秋)】

    百方に借あるごとし秋の暮石塚友二まだ盛夏だった8月初旬から始まった筆者の担当も、いよいよ最終回となりました。開始当初は連日熱中症注意なんて言っていた時期でしたが、季節は変わり、すっかり深秋といった趣…

  2. 汽車逃げてゆくごとし野分追ふごとし 目迫秩父【季語=野分(秋)】

    汽車逃げてゆくごとし野分追ふごとし目迫めさく秩父(『雪無限』琅玕洞)…

  3. 旗のごとなびく冬日をふと見たり 高浜虚子【季語=冬日(冬)】

    旗のごとなびく冬日をふと見たり高浜虚子いつ読んでもすごい句…

おすすめ記事

  1. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2023年8月分】
  2. 枯芦の沈む沈むと喚びをり 柿本多映【季語=枯芦(冬)】
  3. ふゆの春卵をのぞくひかりかな 夏目成美【季語=冬の春(冬)】
  4. いつせいに振り向かれたり曼珠沙華 柏柳明子【季語=曼珠沙華(秋)】
  5. 「野崎海芋のたべる歳時記」蒸し鶏の胡麻酢和え

Pickup記事

  1. 帰農記にうかと木の芽の黄を忘ず 細谷源二【季語=木の芽(春)】
  2. 神保町に銀漢亭があったころ【第26回】千倉由穂
  3. 【春の季語】雨水
  4. 春の水とは濡れてゐるみづのこと 長谷川櫂【季語=春の水(春)】
  5. 目つぶりて春を耳嚙む処女同志 高篤三【季語=春(春)】
PAGE TOP