ごろ

  1. 昼ごろより時の感じ既に無くなりて樹立のなかに歩みをとどむ 佐藤佐太郎

    昼ごろより時の感じ既に無くなりて樹立のなかに歩みをとどむ佐藤佐太郎「時の感じ」というのが良い。舌足らずというより、言い表したくとも言葉としていまいち何といっていいか迷う感覚を、ぐっと掴み出してきたよ…

おすすめ記事

  1. 略図よく書けて忘年会だより 能村登四郎【季語=暖房(冬)】
  2. 鯖買ふと決めて出てゆく茂かな 岩田由美【季語=鯖・茂(夏)】
  3. 【夏の季語】泰山木の花
  4. 妻の遺品ならざるはなし春星も 右城暮石【季語=春星(春)】
  5. 【第5回】ラジオ・ポクリット(ゲスト:岡田由季さん)

Pickup記事

  1. 神保町に銀漢亭があったころ【第94回】檜山哲彦
  2. 「パリ子育て俳句さんぽ」【11月20日配信分】
  3. 【第11回】ラジオ・ポクリット【新年会2023】
  4. 赤い椿白い椿と落ちにけり 河東碧梧桐【季語=椿(春)】
  5. からたちの花のほそみち金魚売 後藤夜半【季語=金魚売(夏)】
PAGE TOP