ただならぬ

  1. 捨て櫂や暑気たゞならぬ皐月空 飯田蛇笏【季語=皐月(夏)】

    捨て櫂や暑気たゞならぬ皐月空飯田蛇笏))ゴミ回収の規則に従わずに捨ててあるものを見かけると胸がざわつく。洗濯機や布団が道端で幾日も雨ざらしになっていたり、粗大ゴミのシールを貼られていないエレキギター…

おすすめ記事

  1. 神保町に銀漢亭があったころ【第124回】髙坂小太郎
  2. 【春の季語】蝶生る
  3. 天高し鞄に辞書のかたくある 越智友亮【季語=天高し(秋)】
  4. 神保町に銀漢亭があったころ【第67回】鷲巣正徳
  5. 神保町に銀漢亭があったころ【第74回】木暮陶句郎

Pickup記事

  1. 神保町に銀漢亭があったころ【第85回】土肥あき子
  2. コンビニの枇杷って輪郭だけ 原ゆき
  3. 【#45】マイルス・デイヴィスと中平卓馬
  4. 俳句おじさん雑談系ポッドキャスト「ほぼ週刊青木堀切」【#5】
  5. 大揺れのもののおもてを蟻の道 千葉皓史【季語=蟻(夏)】
PAGE TOP