だろう

  1. ひかり野へきみなら蝶に乗れるだろう 折笠美秋【季語=蝶(春)】

    ひかり野へきみなら蝶に乗れるだろう折笠美秋(『君なら蝶に』)掲句はおそらくこの作家のもっとも人口に膾炙する代表句であり、第二句集『君なら蝶に』(1986年12月立風書房刊)のタイトルにもなっている。…

  2. 山頂に流星触れたのだろうか 清家由香里【季語=流星(秋)】

    山頂に流星触れたのだろうか)清家由香里 イエスかノーかで答…

おすすめ記事

  1. ふゆの春卵をのぞくひかりかな 夏目成美【季語=冬の春(冬)】
  2. 鏡台や猟銃音の湖心より 藺草慶子【季語=猟(冬)】
  3. なにがなし善きこと言はな復活祭 野澤節子【季語=復活祭(春)】
  4. 【春の季語】春の塵
  5. 冬真昼わが影不意に生れたり 桂信子【季語=冬の昼(冬)】

Pickup記事

  1. 東京に居るとの噂冴え返る 佐藤漾人【季語=冴え返る(春)】
  2. 犬去れば次の犬来る鳥総松 大橋越央子【季語=鳥総松(新年)】
  3. 蟭螟の羽ばたきに空うごきけり 岡田一実【季語=蟭螟(夏)】
  4. 白牡丹四五日そして雨どつと 高田風人子【季語=白牡丹(夏)】
  5. 男衆の聲弾み雪囲ひ解く 入船亭扇辰【季語=雪囲解く(春)】
PAGE TOP