1. 枇杷の花ふつうの未来だといいな 越智友亮【季語=枇杷の花(冬)】

    枇杷の花ふつうの未来だといいな越智友亮 連載も三回目。皆さん、口語俳句を楽しんでおられるだろうか。自由なようで不自由で制約も沢山。というのも俳句自体が文語や切れ字を大前提とした詩型なのだ。季語だって…

  2. 恋人奪いの旅だ 菜の花 菜の花 海 坪内稔典【季語=菜の花(春)】

    恋人奪いの旅だ 菜の花 菜の花 海坪内稔典『朝の岸』 菜の…

  3. セーターを脱いだかたちがすでに負け 岡野泰輔【季語=セーター(冬)】

    セーターを脱いだかたちがすでに負け)岡野泰輔『なめらかな世界の肉』2016…

  4. すばらしい乳房だ蚊が居る 尾崎放哉【季語=蚊(夏)】

    すばらしい乳房だ蚊が居る尾崎放哉(『増補決定版尾崎放哉全句集』春秋社)…

  5. あつ雉子あつ人だちふ目が合うて 西野文代【季語=雉子(春)】

    あつ雉子あつ人だちふ目が合うて)西野文代)我が家の裏手には…

  6. ハナニアラシノタトヘモアルゾ  「サヨナラ」ダケガ人生ダ 井伏鱒二

  7. あっ、ビデオになってた、って君の声の短い動画だ、海の 千種創一

おすすめ記事

  1. 【春の季語】バレンタインの日(バレンタインデー)
  2. よもに打薺もしどろもどろ哉 芭蕉【季語=薺打つ(新年)】
  3. 【新年の季語】宝船
  4. 【冬の季語】湯たんぽ(湯婆)
  5. 螢とび疑ひぶかき親の箸 飯島晴子【季語=蛍(夏)】

Pickup記事

  1. 愛されずして沖遠く泳ぐなり 藤田湘子【季語=泳ぐ(夏)】
  2. 【冬の季語】冬木の芽
  3. 【冬の季語】神無月/かみなづき 神去月 神在月 時雨月 初霜月
  4. 神保町に銀漢亭があったころ【第123回】大住光汪
  5. 鳥けもの草木を言へり敗戦日 藤谷和子【季語=敗戦日(秋)】
PAGE TOP