てゆく

  1. 雪の速さで降りてゆくエレベーター 正木ゆう子【季語=雪(冬)】

    雪の速さで降りてゆくエレベーター正木ゆう子  エレベーターの降りてゆく速さのことを、意識したことはあるだろうか。掲句ではエレベーターの速さのことが私たちの言葉で、体感で、存分に描かれている。&nbs…

  2. 白萩を押してゆく身のぬくさかな 飯島晴子【季語=白萩(秋)】

    白萩を押してゆく身のぬくさかな)飯島晴子 両側から萩が、「…

  3. 露草を持つて銀行に入つてゆく 飯島晴子【季語=露草(秋)】

    露草を持つて銀行に入つてゆく)飯島晴子 たまたま道端で摘ん…

おすすめ記事

  1. 一燈を消し名月に対しけり 林翔【季語=名月(秋)】
  2. 水底を涼しき風のわたるなり 会津八一【季語=涼し(夏)】
  3. 【春の季語】子猫
  4. ガンダムの並ぶ夜業の机かな 矢野玲奈【季語=夜業(秋)】
  5. 秋虱痼  小津夜景【季語=秋虱(秋)】

Pickup記事

  1. 【#32】『教養としての俳句』の本作り
  2. 神保町に銀漢亭があったころ【第50回】望月周
  3. 橘や蒼きうるふの二月尽 三橋敏雄【季語=二月尽(春)】
  4. みどり児のゐて冬瀧の見える家 飯島晴子【季語=冬瀧(冬)】
  5. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第50回】 黒部峡谷と福田蓼汀
PAGE TOP