とどめる

  1. 昼ごろより時の感じ既に無くなりて樹立のなかに歩みをとどむ 佐藤佐太郎

    昼ごろより時の感じ既に無くなりて樹立のなかに歩みをとどむ佐藤佐太郎「時の感じ」というのが良い。舌足らずというより、言い表したくとも言葉としていまいち何といっていいか迷う感覚を、ぐっと掴み出してきたよ…

おすすめ記事

  1. 弟へ恋と湯婆ゆづります 攝津幸彦【季語=湯婆(冬)】
  2. せんそうのもうもどれない蟬の穴 豊里友行【季語=父の日(夏)】
  3. 【#27】約48万字の本作りと体力
  4. 秋の風互に人を怖れけり 永田青嵐【季語=秋の風(秋)】
  5. 「パリ子育て俳句さんぽ」【2月19日配信分】

Pickup記事

  1. 背広よりニットに移す赤い羽根 野中亮介【季語=赤い羽根(秋)】
  2. 中干しの稲に力を雲の峰 本宮哲郎【季語=雲の峰(夏)】
  3. 白玉やバンド解散しても会ふ 黒岩徳将【季語=白玉(夏)】
  4. 「野崎海芋のたべる歳時記」春にんじんのキャロット・ラペ
  5. 古きよき俳句を読めり寝正月 田中裕明【季語=寝正月(新年)】
PAGE TOP