どっさり

  1. どつさりと菊着せられて切腹す 仙田洋子【季語=菊(秋)】

    どつさりと菊着せられて切腹す)仙田洋子秋の花で一番に思い浮かべるのは、日本の国花のひとつでもある菊であろうか。なお菊のことは2021年9月10日付けのセポクリ歳時記に詳しく書かれているので御一読を。…

おすすめ記事

  1. 漕いで漕いで郵便配達夫は蝶に 関根誠子【季語=蝶(春)】
  2. 横顔は子規に若くなしラフランス 広渡敬雄【季語=ラフランス(秋)】
  3. 後輩のデートに出会ふ四月馬鹿 杉原祐之【季語=四月馬鹿(春)】
  4. 大いなる梵字のもつれ穴まどひ 竹中宏【季語=穴惑(秋)】
  5. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第18回】塩竈と佐藤鬼房

Pickup記事

  1. ビール買ふ紙幣をにぎりて人かぞへ 京極杞陽【季語=ビール(夏)】
  2. 【冬の季語】白息
  3. 【夏の季語】虹
  4. 神保町に銀漢亭があったころ【第79回】佐怒賀直美
  5. 神保町に銀漢亭があったころ【第74回】木暮陶句郎
PAGE TOP