ながら

  1. 泣きながら白鳥打てば雪がふる 松下カロ【季語=白鳥・雪(冬)】

    泣きながら白鳥打てば雪がふる)松下カロ(『白鳥句集』深夜叢書社 2016年7月)泣きながら打っているのは「白鳥」そのものであって、そうではない。打たれている白鳥に、人間の力ではどうすることもできない…

  2. 秋思かがやくストローを嚙みながら 小川楓子【季語=秋思(秋)】

    秋思かがやくストローを嚙みながら)小川楓子小説を読むように…

おすすめ記事

  1. 鯛の眼の高慢主婦を黙らせる 殿村菟絲子
  2. 「野崎海芋のたべる歳時記」ガレット・デ・ロワ
  3. ミステリートレインが着く猿の星 飯島章友
  4. おほぞらを剝ぎ落したる夕立かな 櫛部天思【季語=夕立(夏)】
  5. 雪の速さで降りてゆくエレベーター 正木ゆう子【季語=雪(冬)】

Pickup記事

  1. 【冬の季語】枯芝
  2. 革靴の光の揃ふ今朝の冬 津川絵理子【季語=今朝の冬(冬)】
  3. いつまでもからだふるへる菜の花よ 田中裕明【季語=菜の花(春)】 
  4. 【連載】加島正浩「震災俳句を読み直す」第3回
  5. 宝くじ熊が二階に来る確率 岡野泰輔【季語=熊(冬)】
PAGE TOP