なくなる

  1. 逢はぬ間に逢へなくなりぬ桐の花 中西夕紀【季語=桐の花(夏)】

    逢はぬ間に逢へなくなりぬ桐の花)中西夕紀 人は生まれる前に人生のシナリオを自分で書いてくる、という話を聞いたことがある。事実かどうかは確かめようもないしどちらでも良いのだが、どんな目にあっても自分で…

  2. 昼ごろより時の感じ既に無くなりて樹立のなかに歩みをとどむ 佐藤佐太郎

    昼ごろより時の感じ既に無くなりて樹立のなかに歩みをとどむ佐藤佐太郎…

おすすめ記事

  1. 【連載】新しい短歌をさがして【17】服部崇
  2. とらが雨など軽んじてぬれにけり 一茶【季語=虎が雨(夏)】
  3. 大風の春葱畠真直来よ 飯島晴子【季語=春葱(春)】
  4. 原爆忌誰もあやまつてはくれず 仙田洋子【季語=原爆忌(秋)】
  5. 貝殻の内側光る秋思かな 山西雅子【季語=秋思(秋)】

Pickup記事

  1. たが魂ぞほたるともならで秋の風 横井也有【季語=秋の風(秋)】
  2. 水を飲む風鈴ふたつみつつ鳴る 今井肖子【季語=風鈴(夏)】
  3. カードキー旅寝の春の灯をともす トオイダイスケ【季語=春の灯(春)】 
  4. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2021年3月分】
  5. 神保町に銀漢亭があったころ【第109回】川嶋ぱんだ
PAGE TOP