なつかしい

  1. よし切りや水車はゆるく廻りをり 高浜虚子【季語=葭切(夏)】

    よし切りや水車はゆるく廻りをり高浜虚子 先週の続きで信州へ夏行に行った話である。二日目は、長野県小諸へ行った。小諸は高浜虚子が太平洋戦争時に疎開した地である。虚子は昭和19年9月から昭和22年10月…

  2. 杜甫にして余寒の詩句ありなつかしき 森澄雄【季語=余寒(春)】

    杜甫にして余寒の詩句ありなつかしき森澄雄(『季題別森澄雄全句集』)…

  3. なつかしきこと多くなり夜の秋 小島健【季語=夜の秋(夏)】

    なつかしきこと多くなり夜の秋小島健数学者・岡潔は、『春宵十…

おすすめ記事

  1. 【秋の季語】鵙の贄
  2. ひきつゞき身のそばにおく雪兎 飯島晴子【季語=雪兎(冬)】
  3. ふゆの春卵をのぞくひかりかな 夏目成美【季語=冬の春(冬)】
  4. あれは伊予こちらは備後春の風 武田物外【季語=春の風(春)】
  5. 湖の水かたふけて田植かな 高井几董【季語=田植(夏)】

Pickup記事

  1. くらき瀧茅の輪の奥に落ちにけり 田中裕明【季語=茅の輪(夏)】
  2. クリスマス「君と結婚していたら」 堀井春一郎【季語=クリスマス(冬)】
  3. 利根川のふるきみなとの蓮かな 水原秋櫻子【季語=蓮(夏)】
  4. シャボン玉吹く何様のような顔 斉田仁【季語=石鹸玉(春)】
  5. 沈丁や夜でなければ逢へぬひと 五所平之助【季語=沈丁(春)】
PAGE TOP