はじめて

  1. 遠足や眠る先生はじめて見る 斉藤志歩【季語=遠足(春)】

    遠足や眠る先生はじめて見る)斉藤志歩眠っている先生というものを遠足ではじめて見たという一句。遠足の帰りのバスの中でふっと見たのだと思った。見てはいけないものを見た感じがしたのかもしれない。「先生」と…

おすすめ記事

  1. 妹に告げきて燃える海泳ぐ 郡山淳一
  2. 山椒の実噛み愛憎の身の細り 清水径子【季語=山椒の実(秋)】
  3. 秋灯机の上の幾山河 吉屋信子【季語=秋灯(秋)】
  4. 松風や俎に置く落霜紅 森澄雄【季語=落霜紅(秋)】
  5. 春泥を帰りて猫の深眠り 藤嶋務【季語=春泥(春)】

Pickup記事

  1. 霜柱ひとはぎくしやくしたるもの 山田真砂年【季語=霜柱(冬)】
  2. 義士の日や途方に暮れて人の中 日原傳【季語=義士の日(冬)】
  3. 数と俳句(三)/小滝肇
  4. 天女より人女がよけれ吾亦紅 森澄雄【季語=吾亦紅(秋)】
  5. 後輩のデートに出会ふ四月馬鹿 杉原祐之【季語=四月馬鹿(春)】
PAGE TOP