倉田有希の「写真と俳句チャレンジ」

倉田有希の「写真と俳句チャレンジ」【第1回】


倉田有希の

「写真と俳句チャレンジ」


【第1回】

写真と俳句


写真と俳句は似ている。しばし見かけるフレーズです。
写真と俳句をテーマにして、気がつけば十数年になりました。写真俳句が静かなブームと言われつつ、さほど盛り上がっていないのも事実です。

俳句では、1970年からの伊丹三樹彦による写俳運動、それ以前は石田波郷が読売新聞の江東版に連載していた「江東歳時記」がありました。しかし俳句の世界で大きな流れにはなっていません。俳人で写真撮影の好きな人は少なくないと思いますが、コラボレーションとしての創作はごく少数派です。

その一方、誌面で俳句と写真のレイアウトは珍しいものではなく、むしろ両者の共存はいたって普通のことです。様々なテレビ番組でも、たとえば芭蕉の句と映像を重ねる演出はしばし見かけます。そういったものを単にレイアウトとして捉えるか、すこし進んでコラボレーションと考えるか、このあたりに写真と俳句の今後があるように思います。

俳句と写真を考えるとき、俳句と俳画を思えばそれに近い。俳画は歴史が古く、その創始は江戸時代初期の野々口立圃とも言われています。芭蕉やその弟子たち、蕪村や一茶の俳画は知られていますが、江戸時代を通じて、様々な俳人が句と俳画を残しています。江戸時代、俳画は俳句への賛として描かれ、または草絵への賛としての俳句もありました。これは、俳句が先でそれに写真を付ける先俳後写、写真が先でそれに俳句を付ける先写後俳句も似ています。

いま俳人の多くは、写真とのコラボーレーションにさほど関心はなく、意味があるかないかは議論しても仕方がない。個人的には、展示のとき多くの人に楽しんで貰えるように思います。たとえば俳句の展示もしばし見かけますが、短冊や色紙が壁に掛かっていても、俳句をやらない人にはさして面白いものでもない。それが写真と俳句を合わせたものは、鑑賞の幅が一気に広がります。俳句はさっぱりという人でも、写俳を観るのは楽しめます。江戸時代の俳画も、俳人以外も観る楽しみを意図したのかも知れません。

写俳は未経験の人でも、カメラやスマホで撮った写真と俳句を合わせてみると面白いですよ。
俳画がそうであったように「賛」として考えると判りやすい。葉書にしてお友達に送ればきっと喜んで頂けます。

このたびセクト・ポクリットにページを頂いて書くことになりました。常々考えている以下の内容についても触れていきたいと思います。

 石田波郷の俳句と写真

 写俳亭、伊丹三樹彦

 様々な呼称の乱立と商標のこと

 写真と俳句の距離感について

 俳句甲子園と写真と俳句
 
 写真と俳句作品集や関連の出版物

 カメラの話

 各地での様々な展示会等


【執筆者プロフィール】
倉田有希(くらた・ゆうき)
1963年、東京生れ。「里俳句会」を経て現在は「鏡」に所属。
「写真とコトノハ展」代表。 ブログ「風と光の散歩道、有希編



【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【#21】中国大連の猫
  2. 【#26-3】愛媛県南予地方と宇和島の牛鬼(3)
  3. 神保町に銀漢亭があったころ【第109回】川嶋ぱんだ
  4. 【連載】歳時記のトリセツ(8)/池田澄子さん
  5. 【連載】「ゆれたことば」#2「自然がこんなに怖いものだったとは」…
  6. 神保町に銀漢亭があったころ【第77回】小沢麻結
  7. 「野崎海芋のたべる歳時記」カオマンガイ
  8. 神保町に銀漢亭があったころ【第10回】相沢文子

おすすめ記事

  1. 足跡が足跡を踏む雪野かな 鈴木牛後【季語=雪野(冬)】 
  2. 海鼠切りもとの形に寄せてある 小原啄葉【季語=海鼠(冬)】
  3. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2023年11月分】
  4. 枯蓮のうごく時きてみなうごく 西東三鬼【季語=枯蓮(冬)】
  5. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第34回】鎌倉と星野立子
  6. 【春の季語】蛇穴を出づ
  7. 【新番組】ゆる俳句ラジオ「鴨と尺蠖」【第1回】
  8. 詠みし句のそれぞれ蝶と化しにけり 久保田万太郎【季語=蝶(春)】
  9. 「パリ子育て俳句さんぽ」【11月13日配信分】
  10. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第23回】木曾と宇佐美魚目

Pickup記事

  1. 【連載】新しい短歌をさがして【4】服部崇
  2. 秋めくやあゝした雲の出かゝれば      池内たけし【季語=秋めく(秋)】
  3. 主われを愛すと歌ふ新樹かな 利普苑るな【季語=新樹(夏)】
  4. 【短期連載】茶道と俳句 井上泰至【第7回】
  5. 「パリ子育て俳句さんぽ」【1月15日配信分】
  6. だんだんと暮色の味となるビール 松本てふこ【季語=ビール(夏)】
  7. 青大将この日男と女かな 鳴戸奈菜【季語=青大将(夏)】
  8. 唐太の天ぞ垂れたり鰊群来 山口誓子【季語=鰊(春)】 
  9. 三月の又うつくしきカレンダー 下田実花【季語=三月(春)】
  10. 春の雁うすうす果てし旅の恋 小林康治【季語=春の雁(春)】
PAGE TOP